コツを知って納得の仕上がりに!建築塗装で失敗しないためにも基本を知っておこう!

当サイトはコツを知って納得の仕上がりにすることが期待できる、建築塗装の情報を紹介しています。
大切な建物の塗装を依頼する際に思いがけず失敗するといったことにならないためにも、まずは基本を知っておくことをおすすめします。
一般的に取り扱いやすく建築への塗装もしやすいといわれているのが水性塗料ですが、このサイトでは水性のものだけでなく、建築物の塗装でも使われていることがある溶剤系塗料に関しても触れています。

コツを知って納得の仕上がりに!建築塗装で失敗しないためにも基本を知っておこう!

劣化した塗装は建築物を傷める原因にもなるため定期的に建築塗装をすることが大切ですが、失敗しないためにどのようなことに注意するべきかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
建築塗装の成功のためには、立地条件や希望耐用年数に合った塗料を選ぶことが大切になります。
建築塗装の寿命は立地条件に左右されますが、一般的には10年程度です。
ウレタン系やシリコン系、アクリル系塗料などがありますが、広く使われているのはシリコン系塗料です。

建築塗装で使われている塗料の種類

建築塗装で使われている塗料の種類は多くありますが、大きく分けると4種類に分かれていて、それぞれ特徴が違い耐候性や施工費用も異なります。
アクリルは施工費が安くて発色が良いのでデザイン性を重視するときや、鮮やかさを強調したい時に向いていますが耐候性が悪く長くても7年から8年ぐらいしか持ちません。
短期間でのメンテナンスが必要で最近はあまり使われてません。
ウレタンは塗膜が柔かくて密着性に優れ、価格・耐久性・機能性もあり建築塗装でもよく使われてます。
仕上がりは光沢がある色合いで綺麗、耐候年数はアクリルよりは長いですが10年ぐらいが目安です。
シリコンは、費用対効果、内容も優れていて仕上がりは美しくて塗装後も長い期間その状態を保てます。
ウレタンよりも費用は高いですが長持ちするので、長期間補修も不要で大体15年はいりません。
フッ素は外と比べて寿命が長くて、耐熱性・耐寒性にも優れてます。
主に飛行機やデザイン性を重視多建築物などの外壁で使います。
性能が良い分価格も高く、アパート・マンションに使うことは殆どなく、次のメンテナンス期間を長くしたいなら別ですが費用もかかるのでそれも考えて選ぶ必要があります。

塗料によっても変わる建築塗装の費用

建築塗装の費用は使う塗料でも違い、これは期待耐用年数で価格が異なってきます。
長いほど値段は高額になりますが、長く持てば次の塗り替えの時期も遅くなります。
建築塗装で塗料の耐用年数の違いは使う樹脂で異なり、これは塗膜を作る主な成分です。
例えばアクリルは価格が安いですが長持ちがしないので、定期的に塗り替えしたい人には向いてます。
ウレタンも比較的値段が安くてアクリルよりも長く持ちますが、建物を長期的に保護するときには向いてません。
シリコンは一般的によく使われていて価格と機能のバランスが良いですが、耐用年数はそこまで長くないです。
フッ素は長期間長く持ち建物を保護してくれますが塗膜が硬いためひび割れが起きやすく、ピュアアクリルは長く持ち高弾性を有するので防水性に優れてます。
ひび割れでの建物への水の侵入を防いでくれますが価格が高めで、高弾性なので汚れたつく場合もあります。
無機配合型フッ素だと劣化する要因の紫外線・雨・熱から守ってくれますが値段が高い、変性無機はガラスと同じ成分の無機を使い、長持ちで紫外線などから守ってくれますが、やはり価格は高額です。

建物の防水対策としても有効な建築塗装

建物の屋上やベランダなどの防水対策としても建築塗装は有効で、これにはいくつかの種類があります。
ウレタンは固まるとゴム状になる塗料を一定の厚みを付けて塗布し、液状なので複雑な形でも行えます。
比較的安価ですが、耐久年数は他の方法と比べて低いです。
ただ、定期的に塗り替えをすることで紫外線の劣化も防げ、長い期間耐久性を保てます。
ウレタンは塗りやすく価格が安いですが塗りムラが起きやすく、大体10年から13年で、1平方m当たりの単価は4,000〜7,000円です。
ベランダの建築塗装だとFRPがあり、これは繊維強化プラスチックのことで耐酸・耐候性に優れていて、錆びたり腐ることもないです。
次に塩ビシートは塩化ビニル樹脂系のシート状の材料1枚で構成した防水層で、屋外の日光の紫外線・熱・オゾンに対して強いです。
素材が予め着色されて高い耐久性もあり、メンテナンスで一般的な保護塗装が原則不要で、維持管理費の節約も出来ます。
これには下地の種類・使う用途で接着工法と機械的固定工法があります。

建物の美観を守ってくれる建築塗装

建築塗装を行う一番の理由は、建物の美観を守ってくれる点があり、それだけ人の目から見ても綺麗に見えることが重要だと意識されているからです。
しかし建築塗装は単に美観を守るだけでなく、建物自体の劣化を防ぐメリットもあります。
外見の美しさを損ねるのは建物の劣化を原因にすることが多いのもありますが、建物を保護することにも繋がっていきます。
つまり長年にわたって、暮らし続けることが可能となる点も優れております。
建築塗装は定期的に行うことが優れているのも事実で、それは降雨・降雪などの湿気、直射日光などの過酷な気象に常に曝されている事実があるからです。
塗装を行うと外観に被膜を形成するのですが、気象に曝されることでその膜自体が破られることもよくありますが、建築塗装で新たな膜を形成し外観の保護が可能となります。

筆者:早坂卓也

筆者プロフィール

北海道網走市生まれ。
建築塗装に関する情報を発信しています。
函館 建築塗装